これは私が初めて家庭用脱毛器を購入した時の失敗体験談です。

結構昔の話で、2002年の4月頃に初めて家庭用脱毛器を購入しました。
購入した家庭用脱毛器の商品名は”ソイエ”といい、テレビCMの「キレイなお姉さんは好きですか?」のフレーズで注目を集めていたんですよね。
価格もたしか8000円程度とお求め安いものでしたし、腕・脇・脛のムダ毛脱毛の為に購入しました。

さて何故ソイエが失敗だったかというと、ソイエって毛を引き抜くタイプの脱毛器で、永久脱毛効果は一切なかったからです。
しかも引き抜くという脱毛方法なので、これが結構痛い。
あえて長所を挙げるなら、脱毛速度が速いという点ですね。
電気シェーバーのように肌をなぞるだけで毛が気持ちよく抜けていくんです。
腕や脛って結構広範囲に毛が生えてますけど、腕なんて数分。
膝は体が硬いので時間かかりましたけど、それでも両足で30分もかかりませんでした。
脱毛後はキレイなツルツルになるものの、脱毛後がいけなかった。
こういう風に毛を抜くと、抜いた部分が色素沈着して黒くなるんですよね。
肌全体がいきなり全部黒くなるわけじゃないですが、黒いシミのようなものがポツンポツンと出来ました。

最初は毛が全部なくなってツルツル真っ白な肌だったのに、何度も繰り返すうちに毛はなくとも肌の黒さが目立つように。
一言でいうと”汚い”。
これじゃあせっかく脱毛しても肌は汚いから本末転倒だと感じてソイエの使用をやめました。
1年ぐらい経過すると色素沈着した部分は大半なくなりましたが、今でも残ってる部分があるので引き抜く系の脱毛には気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です